上手に作成したい英語のメールとは

英語メールのセンスをつける

英語のライティングが上手な方は、決して試験で高得点をとるような方達ばかりではありません。

どれだけ英語の文章に触れているか、どれだけ多くの英文メールや英文レターを書いたり読んでいるかによっても、ライティングスキルに差がついていきます。

当然、毎日のように英語の文章を読んだり書いたりして実践している人、ライティングを継続している人ほど、ライティングは上手です。

特に最近では英文メールを交わす機会も増えてきています。

上手な英文メールが作成できると、その人の評価もアップします。

毎日読み書きをしている人は、文章の「センス」が身に付きます。

これには「慣れ」も影響しています。

文章を読んだり書いたりする事で、慣れていきます。

慣れていくと、良い文章、悪い文章の区別がつくようになります。

それは自分も英文を沢山読んでいる中で、読みやすい文章や、逆に読みにくいと感じる文章に出くわすので、その違いが分かるようになるからです。